上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さま、突然子猫を保護してお騒がせしてまーす!
そして、暖かいコメントをありがとうございました。


では、保護した経緯をお話しますね。
(長くなりますよ)



子猫を保護したのは、5月24日(木)。
13時過ぎに「さあ、ご飯たべよう!」とお昼休みに入ったのですが、
窓の外から、なんとなく「びゃ~、びゃ~、びゃ~」と聞こえてくるような・・・。
非常階段へ出てみたけど、建物で反響してどこから声が聞こえるのかイマイチ掴めません。
気になったので、お昼ごはんそっちのけで、外へ出て付近を捜してみました。
が、そのときは見つけることが出来ず、声も途絶えてしまいました。



そして15時半頃だったかな? 再び「びゃ~、びゃ~、びゃ~」の声が!
「やっぱり居る!」
と叫びながら、非常階段へダッシュ。(仕事そっちのけです。ごめんなさい。)


非常階段から下を見てみると、「居たーっ! 見つけたーっ!」



DSCF9616.jpg
(翌日に撮った写真ですが、見つけた場所です)



ドクダミの葉っぱの下を、びゃーびゃー鳴きながら、ちょろちょろと動いてました。

「居た、居た、居た、居た、子猫居た!」と慌てて社内に戻る私。
そして、猫好き数人で再び非常階段へと飛び出しました。


困ったことに、ドクダミの葉っぱの方へは、ウチの会社のビルからは入れないんです。
そしたら運良く、向かいのビルの駐車場に人がいたので、
「子猫捕まえてください!」「そこに居るんですよ」と猫好きみんなで助けを求めました。
(写真では切れてますが、雨樋の右側は駐車場のスロープなんですよ)
「すぐにそちらへ行きますから」と、私と同じフロアの女の子とで、
向かいの会社の敷地に入れていただいて、子猫捕獲に参加。
駐車場にいたお兄さんが優しい方で、「僕が捕まえますから」と、
逃げる子猫を10分もしないうちに無事に捕まえることができました。
スーツを泥だらけにしちゃってごめんなさい。
「動物は好きですから」と、嫌な顔一つせず笑顔で捕まえてくださいました。
お兄さんに心からの感謝を!


この優しいお兄さんが偶然駐車場に居たのと居ないのでは、
子猫を保護するまでの時間がかなり変わってきます。
しかも、お隣のビル、警備会社なんですよ。警備会社に不法侵入できないし・・・。
いろんな人が偶然居合わせたのも、子猫の運なのかな?





120524_161305.jpg
(保護直後に携帯で撮った写真です。怯えてます)


捕まえた後は、一旦会社へ連れて行き、ダンボール箱に入れました。
「子猫捕まえちゃった!」と他のフロアに連絡すると、またまた猫好きさんが数人見に来ました。
ウチの会社、猫好き率がかな~り高いんです。


保護した子猫は、汚れて真っ黒け。
写真では見えにくいですが、ドクダミの葉っぱの下はU字溝なんです。
そこをちょろちょろ歩いてるから、真っ黒け。


そして、子猫を入れたダンボール箱を抱えて会社ド近所の動物病院へ。
(仕事そっちのけです。ごめんなさい)
経緯を説明し、診察と預かりをお願いして会社へ戻り、
夕方病院の終了時間にお迎えに行きました。


病院で洗ってもらったけど、白い毛並は真っ黒けのまま。
目ヤニの汚れや耳の汚れもなく、洗ったときに蚤の死骸は出てきたとか。
抱っこしても蚤に刺されてないから、大丈夫かな?
ウンチ検査の結果は、今回は回虫は出ませんでした。
猫エイズと猫白血病は、ともに陰性。
病院でも、すっごく大きな声でびゃーびゃー鳴いていたそうです。




DSCF9594.jpg
(家に連れて帰り、落ち着いた頃に撮った写真。 緊張してますね)



別荘部屋に子猫用のケージを入れて、隔離部屋にしました。
ケージを洗ってる時間がないので、動物用の除菌スプレーで拭き拭き。
すもものご飯に猫ミルクを混ぜているので、ウチには普通に猫ミルクがあります^^
ミルクを作ってあげたら、勢いよく飲んでました。
病院からもらった猫缶もバクバクたべて、食欲旺盛!
元気、元気!



翌日は、保護して間もないので同伴出勤して、1日病院で預かっていただきました。
いや~、電車の中でウンチされちゃって、大変でしたよ~ん。
しかも、環境が激変わりでお腹ユルユルのウンチだったのよね><
乗り換え駅のホームで、子猫が飛び出さないよう気を付けながらお片付け。




DSCF9625.jpg
(お昼寝中!)



病院保育園では、キャリーの上が気に入ったらしく、ずっとここで眠っていたとか。
このキャリー、虎太朗が子猫のときに2回くらい使ったものです。
今回役に立ちました。




保護した子猫、見つけたときは一匹でいました。
保護した日まで、子猫の姿は見てないし、声も聞いてなかったんです。
どこからどうやって来たのか、野良ちゃんなのか、捨てられたのか不明。





DSCF9643.jpg
(保護から3日目、ボール遊びに夢中です)





で、保護した翌日のお昼休みに買い物に出た帰りに、またまた子猫の鳴き声を聞きました。
職場の怪さんと「探してみようか…」と、声が聞こえた付近を捜索。
その時に駐車場で、跳ねられて亡くなっていた子猫を見つけました。
大きさや尻尾の形から、保護した子猫の兄弟らしき子猫です。
子猫の亡骸は、箱に納めて動物病院へお願いしました。
もう少し早く見つけてあげられたら、保護できたかなと思うと悔やまれます。

その子を入れる箱を会社へ取りに行ってる間に、怪さんが猫の親子を発見!
もしかして、前日に保護した子猫のママンかも???

子猫の亡骸を病院へ預けたときに、猫の親子の話をしました。
そしたら、獣医さんがボランティアさんに連絡をしてくださり、
早々に捕獲器を設置。 早っ!
その2,3時間後には、「猫が捕まりましたよ」と連絡が来てビックリ。




DSCF9690.jpg
(だ~れだ?)



怪さんと連れ立って動物病院へ
(ちょっとだけ仕事を抜けました。ごめんなさい)


そしたらね、捕獲器で捕まったのは、なんとママン!
捕まったママンの傍に2匹の子猫が居て、どんくさい子は無事に保護。
でも、すばしこい子は逃げてしまったんです。
もう1匹を保護するべく、再び捕獲器を設置。
猫好き社員数人で協力して、代わる代わる探しに出てみたけど見つからず。




DSCF9720.jpg
(お澄ましさん)




気になったので、土曜日は子猫のお留守番練習も兼ねて、逃げた子猫を探しに行ってみました。
獣医さんに声を掛けられ、病院へ行ってみるとボランティアさんがいました。
その時は、まだ逃げた子猫は捕まってなくて、あちこち声を掛けたけど見かけた人も居ないとか。
朝と夕方、必ず捕獲器を確認するし、猫の親子のことは心配しなくていいからと言われても、
親に逸れた子猫にしてしまったと罪悪感は拭えないままです。


月曜日に病院へ確認に行ったら、土曜日の夜には保護されたそうです。
一人ぼっちでいたのは、1日だけだったのでほっとしました。


保護した子猫は、この2匹。



DSCF9637.jpg
ふわふわな女の子

超美猫ちゃん。



DSCF9712.jpg
元気な男の子

逃げただけに警戒心は強く、シャーシャーウーウー威嚇しまくりでした。




この子たちの里親さんは、ボランティアさんが見つけてくださるそうです。
いや~、遠回しに「手出し無用」と言われたので、お任せすることにしました。
美猫ちゃんだけに、「可愛いから」と安易に里親さんになるのではなく、
しっかりと子猫と向き合って一緒に暮らしてくださる里親さんが見つかることを祈るばかり。
里親募集の掲示板に出したら、問い合わせが殺到しそうよね。
2匹でいっしょに暮らせるといいな。
美猫ちゃんたち、ぜったいに最高な幸せを掴むんだよ。


ママンですが、生粋の野良ちゃんらしくパニック状態なので写真は撮りませんでした。
チラッと顔を見たけど、ママンも美猫さんでした。 ド緊張だったけどね。
ママンは手術が終わり、リリースされました。
突然捕まえて、子猫たちと離ればなれにしてごめんね。
ボランティアさんが、ママンにも責任を持ってご飯をあげてくださるそうです。
よろしくお願いします。
ママン、がんばれ!





DSCF9725.jpg
(だちて~、でたい~、おちょとであしょぶ~)



私が保護した子猫と、翌日保護した猫の親子。
なんとなく親子関係は無さそうな感じがしますね。
獣医さんも、ボランティアさんも、これは違うかなぁ、と皆さんが仰います。
でも…
猫だから、全然似てない兄弟もいますよね。
なので親子かもしれないし、違うかもしれないし、謎のままです。





DSCF9723.jpg
(でられないなら、ねんねちる)




保護した子猫は、とっても元気。
最初の2日間は、ケージのあちこちでウンチやおしっこをするので、ひゃ~~!
でも、3日目からは、失敗することなくトイレを使えるようになりました。
エライ、エライ!

トイレを覚えてくれたので、私が家に居る間は子猫部屋で自由にしています。
(危なくないように、いろいろ片付けたわ)
見てると面白いよ~。
まだチビだから可愛いって言えるけど、もう少ししたら子猫怪獣になるよね。



先週の木曜日から、職場では子猫騒動が起きていました。
月曜日に男の子が保護されたのを確認して、騒動は終わりました。
「あなたも猫好きだったの?」なんて、猫好きさんが更に現れたんですよ。
犬好きより猫好きが多い会社って珍しいよね?



子猫&親子の保護に関わってくださった全ての方々に心からの感謝を。
子猫探しに参加してくれた皆、ありがとう!



保護した子猫の今後のお話は、長くなってしまったので次回に続きま~す。



3にゃんですが、一番ピリピリしているのは虎太朗みたい。
ここあはでーんと構えて、すももは良く分かってない様子。




お詫び
しばらくの間、更新逃げや沈没が続くと思います。
皆さま、不義理をお許しくださいませ~。




人気blogランキング 猫ブログへ   にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ポチッと応援よろしくお願いします!


*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫


☆ 埼玉より里親様募集です ☆
(画像をクリックすると大きくなります!)

虎太朗の保護母のチェスさんが、たくさんの猫さんを保護しています。
現在、里親様募集をしている猫さんをご紹介!

まるちゃん
まるちゃん♀(1歳半)
たまをちゃん
たまをちゃん♀(推定5歳)

猫と暮らしたい、新たに猫家族を迎えたいとお考えの皆様、
ぜひ↓のバナーをクリックして、チェスさんのブログで詳細をご確認くださいね。
よろしくお願いいたします。


素晴らしい出会いがありますように!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。